大きくする 標準 小さくする

ブログ 2008/11

rss

第2回 iPhone SDKの入手と設定[iPhoneアプリゲームのおすすめ検索サイトならApp4U]

投稿日時:2008/11/28(金) 00:00

目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート

第2回 iPhone SDKの入手と設定

今回は,実際のiPhoneアプリ開発に必要なSDKの入手方法,さらにその基本設定を中心に解説します。

iPhone SDKとは

第1回では,iPhoneの開発環境であるXcodeについて説明しました。そもそもXcodeは,基本的にMac向けのアプリケーションを開発するためのツールです。そこで,これを使ってiPhoneアプリを開発するために「iPhone SDK」という開発キットを追加でインストールする必要があります。iPhone SDKをインストールすることで,XcodeからCocoa Touchを使ったり,開発中のアプリをMac上で動かすための「iPhone シミューレータ」を使ったりできるようになります。

また,あらかじめXcodeがインストールされていない場合でも,iPhone SDKをインストールする際にXcodeを一緒にインストールすることができます。まずはiPhone SDKの入手から始めましょう。

iPhone SDKの導入

iPhone SDKはアップルのiPhone開発者向けWebサイトで配布されており,ダウンロードするためには「Apple ID」の登録(無料)が必要です。iTunesを使って音楽などをダウンロードしたことがある方や,オンラインのApple Storeで商品を購入したことがある方など,既にご自身のApple IDをお持ちの方はそれをそのまま使うことができます。持っていない方はこの機会にApple IDを取得しましょう。

Apple Developer Connectionへアクセス

まずは,アップルの開発者向けウェブサイトである,Apple Developer Connectionへアクセスします。

2008年11月現在のApple Develper Connection。左半分にiPhone Developer Program関連のリンクが集約されている

2008年11月現在のApple Develper Connection。左半分にiPhone Developer Program関連のリンクが集約されている

iPhone Developer Programの中から,iPhone SDKのダウンロードリンクを探してクリックします。

iPhone SDKのダウンロードページ。左側にダウンロードのリンクが用意されている

iPhone SDKのダウンロードページ。左側にダウンロードのリンクが用意されている

ここから先は英語のページになりますが,書かれていることのすべてを理解する必要はありません。あせらずに進みましょう。

Apple IDの登録

Apple IDの確認。すでに持っている場合は左側の「Log in」を,持っていない場合は右側の「Create Apple ID」をクリック

Apple IDの確認。すでに持っている場合は左側の「Log in」を,持っていない場合は右側の「Create Apple ID」をクリック

すでに持っているApple IDを利用する場合は Log in(ログイン)を,新しくApple IDを作成する場合は Create Apple ID(Apple IDの作成)をクリックします。

必要事項の記入例。取得済みのApple IDを使った場合は情報が不足している項目のみが記入の対象となる

必要事項の記入例。取得済みのApple IDを使った場合は情報が不足している項目のみが記入の対象となる

必要事項を入力します。Apple IDを持っている場合でも,連絡先などの情報が追加で必要な場合があります。取得済みのApple IDで日本語の名前などを使用している場合,その部分が「??」などと表示される場合がありますが,気にせずに先へ進んでください。既存のApple IDでうまく登録できない場合は,新しいApple IDを作成しましょう。Apple IDは通常メールアドレスを使いますが,すでに他のアカウントを取得している場合はメールアドレスではない任意の名前でもかまいません。

先に進むといくつかの質問と選択肢が用意されていますが,わかる範囲で回答してください。規約に同意(チェックを入れて「I Agree」をクリック)すると,iPhoneアプリ開発者としてのApple IDが仮登録されると同時に,登録したメールアドレスに確認メールが届きます。メールの本文中に「Download Free SDK」のリンクがありますので,クリックして登録を完了してください。

iPhone Dev Centerへログイン

無事登録が完了すると,登録したApple IDを使ってiPhone Dev Centerにログインできます。上記メールのリンクをクリックすると,ログインされた状態でこのページが開きます。

iPhone Dev Center(ログイン前の画面)。アプリ開発に必要なものが揃っているので,ブックマークしておくと便利

iPhone Dev Center(ログイン前の画面)。アプリ開発に必要なものが揃っているので,ブックマークしておくと便利

ログインできていない場合は,右上の「Log in」をクリックし,Apple IDとパスワードを入力してログインします。

iPhone SDKのダウンロード

ログインしたら,ページの中からiPhone SDKのダウンロードリンクを探し,クリックしてダウンロードしましょう。iPhone SDK for iPhone X.X(X.XはiPhone OSのバージョン)のようなリンクがそれです。iPhone SDKにはXcodeも含まれているため,それなりにサイズが大きくダウンロードに時間がかかります。他にもいくつかのリンクが用意されていますが,今回ダウンロードするものはこの1つだけです。

iPhone SDKのインストール

ダウンロードが完了すると,いよいよインストールです。ダウンロードしたイメージを開き,中にある「iPhone SDK.mkpg」をダブルクリックして実行します。

iPhone SDKの中身。mkpg形式のインストーラを使ってインストール

iPhone SDKの中身。mkpg形式のインストーラを使ってインストール

「iPhone SDK のインストール」が表示されたら,画面の指示に従って先に進みます。途中,インストールの種類を選択するステップがありますが,何も変更せずに「続ける」をクリックしてインストールを進めてください。Xcodeなど必要なツールがインストールされていない場合でもすべて一緒にインストールされますので安心してください。

インストールは成功しましたか? それではさっそく,Xcodeを起動してみましょう。

 

Xcodeを使ってアプリを作る

デスクトップのハードディスクアイコンをダブルクリックして開くと「Developer」というフォルダが見つかります。このフォルダにアプリ開発用のツールがまるごと入っています。Xcodeは,Developerフォルダの中にある「Applications」フォルダにあります。

Xcodeは,ハードディスクの Developer→Applications→Xcode.app にインストールされる

Xcodeは,ハードディスクの Developer→Applications→Xcode.app にインストールされる

Xcode.appをダブルクリックして,Xcodeを起動します。「Welcome to Xcode」というウインドウが開いたら,閉じてしまって構いません(「ヘルプ」→「Xcode ニュース」から再度表示できます)。

プロジェクトの作成

今回は,何もできない真っ白なアプリを起動するところまでを試してみます。Xcodeのメニューから「ファイル」→「新規プロジェクト...」を選択します。

新規プロジェクトの作成

新規プロジェクトの作成

ここで作るプロジェクトとは,1つのアプリを作るためのファイル群のことを指します。つまり,アプリ単位でプロジェクトを作るという作業が必要です。

テンプレートの選択と保存

テンプレートの中から「View-Based Application」を選択

テンプレートの中から「View-Based Application」を選択

新規プロジェクトのウインドウが表示されたら,左側で「iPhone OS」→「Application」が選択されていることを確認します。右側にいくつかのテンプレート(アプリの土台となるもの)が表示されますので,ここでは「View-Based Application」を選び,右下の「選択...」をクリックします。

プロジェクトに名前をつけて保存する。ファイル名に反映されるので日本語は使わないほうがよい

プロジェクトに名前をつけて保存する。ファイル名に反映されるので日本語は使わないほうがよい

プロジェクトを保存するために名前をつけます。ここでつけた名前がそのままファイル名などに反映されるので,名前からアプリが連想できるようなものが良いでしょう。アプリ自体の名前はこれとは別に設定するので,ここでつける名前は「開発コードネーム」に相当すると考えてください。保存場所は好きな場所を選んでください。

Xcode(3.1.2)のメインウィンドウ。「ビルドして進行」を押すとアプリが作られ起動する

Xcode(3.1.2)のメインウィンドウ。「ビルドして進行」を押すとアプリが作られ起動する

保存が完了すると,Xcodeのメインウインドウが開きます。ここでは,アプリを構成するファイルを閲覧したり,開いて編集したり,パーツを組み合わせてアプリの画面を構成するための「Interface Builder」を起動したり,アプリをiPhoneで実行できる形に組み立てて起動したりと,様々な作業を行います。

アプリのビルドと実行

ではさっそく,付属の「iPhone シミュレータ」を使ってアプリを動かしてみましょう。左上の「概要」の部分で,「Simulator ~」が選択されていることを確認してください。Simulatorに続く数字は,iPhone OSのバージョン番号です。複数ある場合は最も新しい(番号が大きい)ものを選んでおきましょう。準備が整ったら「ビルドして進行」をクリックしてしばらく待ちます。開発中のアプリをiPhoneで実行できる形に組み立てることを「ビルド」と呼びます。ビルドが成功すると,自動的にiPhone シミュレータが起動してアプリが表示されます。

iPhone シミュレータ (2.2) が動いている様子。実際のiPhoneとほぼ同等の操作が行える

iPhone シミュレータ (2.2) が動いている様子。実際のiPhoneとほぼ同等の操作が行える

iPhoneアプリ開発へ

いかがでしょう。今回はまだ何も手を加えていない,いわゆる「空のアプリ」なので当然何の操作もできませんが,ボタンひとつでiPhoneそっくりの画面が立ち上がって,その中でアプリが動いてしまうのは少し驚きではないでしょうか。

さて,次回からはいよいよ画面上にパーツを配置し,実際にiPhoneアプリを作っていきます。App Storeですでにリリースされている「バーゲン教師」をベースにアプリの作り方を解説していきますので,持っていない方はぜひApp Storeからダウンロードしてみてください。

iPhoneアプリ「バーゲン教師」開発中の画面

iPhoneアプリ「バーゲン教師」開発中の画面

 

第1回 プログラマのためのiPhone基本仕様の紹介[iPhoneアプリゲームのおすすめ検索サイトならApp4U]

投稿日時:2008/11/13(木) 00:00

目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート

第1回 プログラマのためのiPhone基本仕様の紹介

今回から始まった「目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート」。iPhoneアプリ開発について解説します。第1回目は,iPhoneアプリ開発をするうえで最初に知っておきたい基礎知識を中心にお届けします。

アプリ開発者から見るiPhoneの特色

iPhoneはときおり「革新的なデバイスである」などという表現とともに紹介されることがあります。その言葉が表す通り,単なる「iPod付き携帯電話」にとどまらず,iPhoneは魅力的な特徴がたくさんあります。ここではアプリ開発者が特に意識するであろうiPhoneの特色を見てみましょう。

  • 携帯電話にはあたりまえの方向ボタンや数字キーがない
  • アプリ内で使われるボタンやスイッチなどのパーツが統一されている

限られたボタンしかない代わりに,本体のほぼ全面をタッチパネルとしたiPhoneでは,アプリ開発者は従来のようにボタンの種類や数に制約を受けることなくインターフェースを設計することができます。好きなときに,好きな形のボタンを,好きな場所に配置することができるのです。またボタンだけでなく,スイッチやスライダーといったタッチパネルにはもってこいのパーツも利用することができるようになったのです。

ボタンをはじめとするこれらユーザが操作するパーツは,あらかじめ用意されているものから選択することができます。もちろんこれらを使わずに,独自の形状,独自の操作ができるパーツを自分で作ることもできます。しかし,あらかじめ用意されている標準のパーツを活用することによって,統一感のあるユーザインターフェースを作ることができるだけでなく,ユーザーは操作に戸惑うことなく慣れ親しんだパーツを直感的に使うことができる,というわけです。

iPhoneアプリを作るために必要なもの

なにはともあれ,まずはアプリを作るための道具が必要です。次のものを用意します。

  • Mac本体(インテルのCPUを搭載したもの)
  • Mac OS X v10.5(Leopard)以降

たったのこれだけ。開発に必要なソフトウェアは,アップルから無償で提供されています。つまり,そこそこ新しいMacがあればすぐにでも開発ができるというわけです(※1)。この他,iPhone 3GまたはiPod touch本体があると,作ったアプリを実際にインストールして動かすことができます(※2)。ただし,初代iPod touchで開発を行うためには,本体バージョン2.0以降へのソフトウェアアップデート(有償)が必要です。

※1)
iPhoneのデバイスに依存する機能(カメラや加速度センサー,GPSなど)を実際に動作させるためにはiPhone 3G本体が必要です。
※2)
作成したアプリを本体にインストールして動作させるには,iPhoneデベロッパプログラムへの登録(有料)が必要です。

Cocoa TouchとXcode

Cocoa Touch

冒頭で述べたように,iPhoneアプリの開発環境では画面を構成するためのいくつかのパーツがあらかじめ用意されています。実際の作業では,これらのパーツを画面上に配置し,それぞれのボタンが押されたり,文字が入力されたりした場合の処理を記述していきます。これを実現するのが「Cocoa Touch」と呼ばれるアプリケーションフレームワークです。iPhoneアプリ開発者は,Cocoa Touchを利用することにより,デバイスの特性や画面描画の仕組みを意識することなく,洗練されたインターフェースを画面上に簡単に構築することができるのです。

また,Cocoa Touchを使うことでiPhoneに備わる以下のような機能をアプリから簡単に利用できます。

カメラで写真を撮影
アプリからカメラを起動して,その場で写真を撮影して使うこともできます。またすでにカメラで撮影している写真やiPhoneに保存されている画像を使うことができます。
現在位置を取得
iPhoneは現在位置を取得する方法として,GPS,無線LAN,基地局の3つを使用します。アプリからはこれらを意識することなく,最適な方法で現在位置を取得することができます。

Xcode

Cocoa Touchを理解することは,iPhone開発を始める上でとても重要です。しかしながら,開発を進めていくうえでこのCocoa Touchの存在を強く意識することはありません。まるで矛盾しているように思えますが,その秘密を解く鍵は「Xcode」というツールが握っています。

XcodeはMac OS Xに付属する無償のソフトウェア開発環境で,iPhoneアプリの開発もこれを使って行います。画面上にボタンを配置したりアクションを設定したりする「Interface Builder」や,開発中のアプリをMac上で動作させるための「iPhone シミュレータ」もこれに含まれます。つまり,XcodeひとつでiPhoneアプリ開発のすべてが完結する,というわけです。

Xcodeを使ったiPhoneアプリ開発中の様子。画面構成をパーツを組み合わせて作っていく

Xcodeを使ったiPhoneアプリ開発中の様子。画面構成をパーツを組み合わせて作っていく

基本は配置されるパーツとアクションのマッピング

Cocoa Touchに話を戻しましょう。Cocoa Touchの基本は,iPhoneの画面上に配置されるパーツとそれに結び付けられたアクションです。ボタンが押されたらどういう文字を表示するのか,文字入力エリアに数字が入力されたらどういう計算をするのか,そういったユーザの操作を検出して何かの機能を呼び出す仕組みを,ハードウェアやOSなどの難しい仕組みを意識することなくXcode上のドラッグアンドドロップ操作で組み立てることができます。このようなとても直感的なアプリ開発環境を支えているのがCocoa Touchの存在であると言えます。

ここで述べた以外にも,Cocoa Touchで実現できる魅力的な機能は山ほどあります。まるで宝探しのようにこれらの機能を探していく感覚は,iPhoneアプリ開発の楽しみの1つと言えるでしょう。

Objective-Cという言語

パーツとそれに紐づくアクションを選択したら,次はアクションの中身,すなわちiPhoneにどういう動作をさせるのかをプログラミングしなければなりません。ここで登場するのが,Objective-Cというプログラミング言語です。iPhoneの開発には基本的にこのObjective-Cを用います。

新しいプログラミング言語に触れるには,それなりの勇気が必要かもしれません。しかし,Objective-CはC言語の拡張であるがゆえにC言語と共通している部分が多く,さらにCocoa Touchにおいて自分の手で書く必要のあるコードは限定的で,とても簡単なものです。過去にC言語やそれに似たプログラミング言語に触れたことがある方ならば,最初はすんなりと入っていけることでしょう。より詳細なObjective-Cの言語仕様を学ぶことは,それなりにiPhoneアプリ開発の経験を積んでからでも遅くはありません。

いざ,iPhoneアプリへの第一歩

道具さえ揃ってしまえば,何もおそれることはありません。無料で提供されている開発ツールを使えば,とても簡単にiPhoneアプリを作ることができると同時に,iPhoneのフレームワークであるCocoa Touchや,開発言語であるObjective-Cを学ぶことができます。

まずは手のひらサイズのデバイスで,自分で作ったアプリが動く楽しさを味わってみて下さい。iPhoneアプリ開発をこれから初める人に必要なものは,知識ではなくiPhoneアプリを作ることの楽しさを実感すること,そしてアプリ作者のちょっとしたアイデアとセンスなのです。

<< 2008年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30