大きくする 標準 小さくする

ブログ 2009/3

rss

エヴァアプリで花開くiPhoneビジネス (2/2)[iPhoneアプリゲームのおすすめ検索サイトならApp4U]

投稿日時:2009/03/05(木) 00:00

松村太郎のノマド・ビジネス:エヴァアプリで花開くiPhoneビジネス (2/2)

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0903/05/news021_2.html      

コンテンツと技術でマッシュアップ

 今回の一連のエヴァアプリは、アプリヤが『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の公式ライセンシーとなり、制作・販売にこぎ着けた。ここにも、アプリヤ流のiPhoneアプリの作り方が存在している。

 まずはコンテンツを見つけてライセンシーになる部分の活動が必要だ。

 「権利者の方々のiPhoneに対する反応はさまざまでしたが、『よく分からない』という声が多かったですね。一方で、担当者レベルで非常に盛り上がるパターンもありました。とはいえ、基本的にはすでに多くの方々がケータイコンテンツの制作には携わっていたので、基本的に抵抗感はなかったですね」(新城氏)

 アプリ化できるコンテンツが集まったら、今度はそのコンテンツをアプリに実装するプロセスに入るわけだが、この際のプロセスも、アプリヤは少々変わっている。

 たいていのiPhoneアプリの制作者は、企業でも個人でも、開発リソースありきでスタートを切るところが多い。しかしアプリヤは開発リソースを社内で丸ごと抱えるのではなく、既存のアプリ開発者とのネットワークを活用してプロジェクトを進める。

 「今回のエヴァアプリのように、ゲームではなくグッズとなると、アプリ開発としては規模が小さくなります。その場合の開発リソースをどう確保するかを考えた結果、すでにどこかで使われているアプリをベースにしながら、ライトに開発を行うことを目指しました。エンジンや土台となるアプリを見つけて、そこにコンテンツを載せていくという手法を採用しています」(小田嶋氏)

 今回のエヴァアプリでは、カレンダー以外の4本のアプリを、ケータイコンテンツでも定評のあるボトルキューブが開発した。カレンダーアプリは「Quick Calendar」を制作したkanotomo氏が手がけている。例えばボトルキューブのWebサイトでiPhoneアプリのカタログを見てみると、今回のエヴァアプリの元になったようなアプリ群を見ることができる。

 「個人・法人を問わず、優れた方々と一緒に仕事をしたいと思います。我々は作り手、権利者、インフルエンサーなど、人々がつながって初めて何かを成し遂げることができると考えています。それぞれがばらばらに本領を発揮するのではなく、そうした人々をうまくつなげてアプリを送り出し続けられれば、と思っています」(新城氏)

 僕も2月末に、毎月アプリヤのオフィスで開かれている「APPLIYA NIGHT」にお邪魔してきた。すでにアプリヤとアプリ開発を進めている企業や個人、そして誘い合って訪れる人たちで賑わっていた。このネットワークが、アプリヤにとってとても大切なエンジンとなっていくのであろう。

日本のコンテンツを世界に売り出す“駄菓子屋”になりたい

 「日本のコンテンツを、世界へ向けて出していくチャンスは、今までなかなかありませんでした。このチャンスを生かせるように頑張っていきたいと思っています。Appleが用意したApp Storeは、アプリをいきなり世界に向けて売れる場です。そこでは個人も法人も関係ありません。そういう中でどのようにして埋もれず残っていくか──。私たちは“特化”した戦略を加速させます」(新城氏)

 アプリヤは、非常にレトロな日本のカルチャーをコンテクストに持っている。最近の傾向でいうと、iPhoneアプリの価格は100円(105円)から200円(210円)、高くても2000円前後に落ち着きつつある。この安い価格帯の“面白いもの”をたくさん扱っているお店は、今でこそ少なくなってきたが「駄菓子屋」のイメージだ。

 「昭和の時代、駄菓子屋には子どもたちが集まってきて、安いお菓子を買いながら過ごす日常がありました。日本のコンテンツを世界に送り出すときに、ちょうどいいのが駄菓子屋の感覚だと思っています。エヴァアプリの経験は、次のアプリ開発にもつながっています。日本らしいコンテンツを開発者と実装する、この形でアプリ作りをしていければ、これからもきっと面白いものが送り出せるのではないかと思っています」(新城氏)

エヴァiPhoneアプリ化して世界ヘ──エヴァアプリは“第1弾”[iPhoneアプリゲームのおすすめ検索サイトならApp4U]

投稿日時:2009/03/04(水) 18:36

アニメ・コミックコンテンツをiPhoneアプリ化して世界ヘ──エヴァアプリは“第1弾”

アプリヤとブロッコリーは3月4日、世界でも人気の高い日本のアニメ・コミックコンテンツをiPhone/iPod touch向けのアプリとして世界展開する取り組みを改めて説明した。

Photo

 iPhoneアプリの企画・開発を行うアプリヤと、アニメやゲームに関連したキャラクターコンテンツの開発事業を手がけるブロッコリーが3月4日、2月18日に発表した業務提携に関する説明会を開催した。

 最初にあいさつしたブロッコリーの代表取締役社長、上田陽史氏は「iPhone向けのアプリとして、コンテンツを世界に配信するのはブロッコリーとしても初の取り組み。第1弾はヱヴァンゲリヲンを題材としたものになる。ケータイ向けのコンテンツと同じように、盛り上げて行ければ」と話した。

 日本が誇る、世界に認められたアニメやコミックなどの優良なコンテンツを、iPhoneアプリという新しい市場で世界へ向けて発信する──。そのためにアプリヤとブロッコリーがタッグを組んだ。

 アプリヤの代表取締役社長 椎谷ハレオ氏は「iPhoneアプリは、機能をウリにしたものを出しても、すぐにまねされ、同じような機能を持っていてより安価なものなどもすぐに出てくる。そのため、まねできないアプリを手がけたいと考え、コンテンツ王国日本が持つコンテンツを、著作権などの問題をクリアした形でアプリを作ることにした」と、ヱヴァンゲリヲンのアプリを開発するに至った経緯を説明した。

 「ただ、アプリヤは著作権が絡むコンテンツの配信実績がなかったため、マーチャンダイジングビジネスの先輩であるブロッコリーにプロポーズした。今後はiPhoneだけでなく、AndroidやWindows Mobileなどのスマートフォンなどにも、日本のコンテンツが進出していくと思う」(椎谷氏)

PhotoPhoto左がブロッコリー 代表取締役社長の上田陽史氏、右がアプリヤの代表取締役社長 椎谷ハレオ氏。ちなみに椎谷氏の銀髪はカツラ

 第1弾の取り組みとして展開される「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」をテーマにしたアプリは、全部で5タイトル。そのうち「EVANGELION vol.1 フレームカメラ」「EVANGELION vol.2 活動限界時計」「EVANGELION vol.3 スタンプカメラ」の3タイトルはすでに発売中だ。残りの2本の概要は、この日「EVANGELION vol.4 カレンダー」「EVANGELION vol.5 パズル」になることが明らかにされた。

PhotoPhotoEVANGELION vol.4 カレンダーは115円のカレンダー入り待受画像作成アプリ。EVANGELION vol.5 パズルは、15パズルをベースにしたパズルゲームになる。こちらは230円で発売予定

 カレンダーは、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」からピックアップした12のシーンを使って、待受画面に表示するカレンダーが作れるアプリ。価格は115円。操作は壁紙にしたい画像を選んで、カレンダーの表示月や表示位置などを選んでカメラロールに保存するだけ。カメラロールに保存したら、後は壁紙に設定すればいい。シーンを12個にした理由は、1年間(12カ月)毎月違うものが設定できるからだという。3月3日にAppleへの申請を済ませたとのことで、申請がとおり次第発売する。

 パズルは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」のキャラクターやアイテムが登場する15パズルをベースにしたアプリ。価格は230円だ。容易、通常、難問の3段階の難易度(制限時間)と、3×3、4×4、5×5のブロック数を選んで楽しめる。ステージは全部で9種あり、パズルをクリアすると、その画像がカメラロールに保存できる。こちらも3月3日にAppleに申請済みで、近日発売予定とのこと。

 アプリヤの制作プロデューサー、高田洋平氏は「iPhoneは道具というよりも嗜好品として使われるもの。その嗜好品に入れるアプリということで、一連のエヴァアプリは、コレクションアイテムとして楽しんでもらえるように作っている。インタフェースからどのような見た目にするのかいろいろ考えたあげく、アイコンからして“見るからにエヴァ”なアプリに仕上げた」と自信を見せた。

 第1弾の取り組みにヱヴァンゲリヲンを選んだ理由は、「いろいろな調査の結果、海外でも認知度が高く、売れると判断したから」だとアプリヤ オペレーションマネージャーの小田嶋太輔氏が説明。iPhoneアプリ市場でおよそ8割のシェアを持つ北米市場で、ヱヴァンゲリヲンのDVDが4万から5万本売れていることからも、需要はあると判断した。

 高田氏によると「今まで20~30タイトルほどiPhoneアプリを出してきたが、海外からのアクセスはほとんどなかった。しかしエヴァアプリをリリースして以来、さまざまなニュースサイトやブログで取り上げられ、海外からのアクセスが10倍以上になった」とのことで、海外からも注目されるようになったという。

PhotoPhotoアプリヤ 制作プロデューサーの高田洋平氏(左)とオペレーションマネージャーの小田嶋太輔氏(右)

 なお「今後無料のライト版を出す予定はないのか」との質問に対し高田氏は、「マーケティング上、無料版を出すとどういった効果があるのか、といったノウハウは、これまでの取り組みで蓄積されつつある。売り上げの推移なども検討しながら取り組んでいきたい」と、その可能性を否定しなかった。ちなみに、先行してリリースしたvol.1~3の中では、日本でも世界でもvol.2の時計がもっとも人気だという。

 「今後もアプリヤはiPhoneアプリをどんどん出していく。私的な見解だが、まちがいなく数年後、iPhoneは『あれが時代を作った、今の時代が変わったのはあのときだ』といわれるようになると思う。その夢を追いかけ、さまざまなパートナーたちと形にしていきたい」(高田氏)

Photo「日本のコンテンツを海外へ」という意気込みを表すツールの1つとして、アプリヤは“折り紙”のiPhoneスタンドも作った。印刷用のPDFファイルがこちらからダウンロードできる。「折り方は近いうちに動画で撮影してYouTubeに投稿します」と小田嶋氏